コラーゲンドリンク

 

コラーゲンドリンクの成分と効果について

 

コラーゲンってなんだろう?

 

 コラーゲンのイメージとして例えば、お肌がツルツルになる〜、若返る〜、美容ドリンクといえばコラーゲン〜というような肌対策の味方という感じ。
コラーゲンというと一体何なの?なんかプルプルしてるゼラチン状のやつでしょ?なんていうイメージだと思いますが、
コラーゲンはタンパク質なんです。私たちが普段食べている卵や、ご飯に含まれているたんぱく質です。
タンパク質の一種であるこのコラーゲンは食べてから消化・吸収を経てアミノ酸やペプチドなどに分解されます。
ひと昔前の栄養学や医学に精通する研究者の発表では「美容ドリンクに含まれるコラーゲンによる美容効果は期待できない。」という発表も少なくなかったのです。
最近ではまたコラーゲンの効果について見直されることが増え、コラーゲンが持つ美容効果について次々と色々なことがわかってきています。

 

 コラーゲンドリンクの美容効果として判明した事実として以下のような効果がわかりました。
・1日あたり5g程のコラーゲン(ペプチド)を約1カ月食事に取り入れることで、30歳前後の実験協力者の肌の角質に水分量の上昇が見られた。

 

・1日2.5g〜5gのコラーゲンペプチドを約1ヵ月の間食事に取り入れ、45歳から65歳程の中年〜高齢層にシワの改善効果がみられた。

 

 気づいた方もいるかと思いますが、気を付けていただきたいことが一つあります。
この実験に用いられたものは、「コラーゲン」では無く「ペプチドコラーゲン」。
同じコラーゲンでも少し違う者なのです。
美容ドリンクでもペプチド化されているものとペプチド化されていないもので異なります。

 

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違い

 

 鳥肉であったり魚などの骨や皮にみられるプルプルしたゼラチン状のものが「コラーゲン」です。
そのコラーゲンに熱を加えて、その後酵素による分解効果で更に物質を小さくしたものが「コラーゲンペプチド」です。
コラーゲンペプチドは分子の量が小さくなっている分、水に溶けやすい作用があります。
その分体内への高い吸収性があるとされています。最近の美容ドリンクに配合されているコラーゲン物質は主にペプチドのコラーゲンである場合は多くみられます。
先ほどにも説明した様にコラーゲンが体内に吸収されるとほとんどがアミノ酸になってしまうと研究では信じられていましたが、
最近の研究でコラーゲンペプチドの一部がペプチドのまま体内に吸収され血となって体内をめぐり肌のうるおいや弾力を保つよう働いてくれると信じられています。
コラーゲンドリンクを飲めばすべてが体内のコラーゲンにはなりません。
ただ細胞の働きを高める効果で美容ドリンクとしての美容効果だけでなく、肌の治癒能力、傷や炎症の回復や予防、骨と骨を結ぶ関節の機能向上といった
健康面においても幅広く活躍していくのではないかと思います。

 

最後に

 

 食事でとれるコラーゲンと美容ドリンクとして改良されたコラーゲンペプチド。
天然の素材からコラーゲンをはじめとした栄養素を普段の食事に取り入れながら、
美容ドリンクに含まれるコラーゲンペプチドで更に栄養面を補強することで、
あなたの心配する健康面や美容面に大きく役立ってくれるのではないかと思います。
あくまでも日頃の生活習慣を大切にするようくれぐれも気を付けましょう。