コラーゲンドリンク

コラーゲンドリンクの効果的な摂取方法とは?

 

プロテインや美容ドリンクといった飲んで効果があるものや普段の食事。
時間帯や食べ方、調理方法等によって効果や吸収効率が違うなんて言われますよね?
コラーゲンドリンクではどんな飲み方が良いとされるのか調べてみました。
コラーゲンのイメージで浮かぶ食べ物といえばフカヒレや鶏肉ですね。
鶏皮や動物の軟骨に多く含まれるのはもちろんのことで赤みの多い肉として例えば牛すじやスペアリブであったり豚のばら肉みたいな身近な食べ物でもコラーゲンは含まれてますね。

 

 

肌にきくコラーゲンドリンクの飲み方

カラダで作られるコラーゲンの量は歳と共に減っていきます。
肌にきくといわれている量は1日あたり5から10gなんですって。
でも食べ物に入ってるコラーゲンの量はそんなに多くないし、食べるだけで補おうとしたら先にお腹いっぱいになって苦しくなってしまいます。
食べきれない栄養はサプリや美容ドリンクでとるのが最近では一般的になってます。
コラーゲンだけ食事に入ってればいいわけじゃないんです。
コラーゲンとは言い換えればタンパク質でもあるのでコラーゲンをカラダの中で作る為にはアミノ酸も同じタイミングで必要になるんです。
タンパク質とアミノ酸がカラダの中で結びついてはじめて効率的にカラダの中でコラーゲンができるんですね。
同じタイミングでのタンパク質とアミノ酸を意識した食事をコラーゲンドリンクと合わせてみましょう!

 

コラーゲンの効果を高める栄養成分と抑えてしまう栄養成分

 

コラーゲンドリンクの効果を無駄なく取り入れるのに大切な栄養素としては体内でのコラーゲンの合成をお手伝いしてくれるビタミンCが代表的です。
そして必須アミノ酸の含まれる食材やコラーゲンには含まれないトリプトファンを含んでいる食材。例えば魚や卵が良いみたいです。
エラスチンはコラーゲンと結びついて綺麗な肌を保つように働いているので、エラスチンもコラーゲンと一緒に食べて取り入れると美肌効果が期待できるようです。
エラスチンを含む食べ物としてはブタの血管やマグロやカツオの心臓に多く含まれるみたいですが、スーパー等にも中々売っていない代物・・・。
なのでエラスチンはサプリや別の美容ドリンク等で補いたいところです。
また高脂肪な食べ物のとり過ぎがコラーゲンの合成を妨げてしまうようです。
糖分の摂り過ぎで起こる糖化という老けの原因とされるものもコラーゲンを変性させて肌の本来持つハリや弾力を損なうようです。
油の多い揚げ物や砂糖を多く使った甘い物の食べ過ぎに注意しましょう!