コラーゲンドリンク

もう失敗しない!コラーゲンドリンクの選び方。

 

 コンビニの店頭やドラッグストアのサプリメントコーナーから美容ドリンクのコーナーまで星の数のように沢山ある健康商品。
今ではどこでも買えて、いつでも簡単に美容商品を試せるようになりましたね。
今回は美容ドリンクでも多く取り扱われているコラーゲンドリンクの選び方について独自のスタイルで徹底的に研究しました。
コラーゲンドリンクが身近になった今だからこそ値段と目的にふさわしいしっかりとした効果が期待できる商品を選びましょう。

 

コラーゲンドリンクの効果と効果にあった目的は?

 

 最近のコラーゲンを研究する学会の発表ではコラーゲンペプチドを美容ドリンクや食事で摂取することで、
肌の弾力や水分量やシワへの改善といった美肌を気にする女性にとてもうれしい効果が広まりました。
またコラーゲンペプチドの一部がダイレクトに血中に取り込まれることも判明し、細胞の活発化にも有効であるとした発表もされています。
これらの発表をもとに考えられる望ましいコラーゲンの摂取量は、肌への効果としては1日5,000mg程です。
骨や関節への効果としては1日10,000mg程がよいとされています。
美容と健康を維持する為に頑張って食事に取り入れたりすることを心がけたいですね。
ただ現実的には日頃の食事のみでこれだけの量を摂るのはとても大変です。
だからこそそんなあなたをサポートする為にコラーゲンドリンクはあるのだと思います。
コラーゲンドリンクと一口に言ってもメーカー毎に品質や効果も異なります。
まずは大手の有名な企業の様に信頼できるメーカーかどうか?
効果を示すデータの表記は確かなものか?しっかり吟味していきたいポイントです。

 

コラーゲンドリンクを選ぶ上での重要なポイント

 

1 コラーゲンの配合量

 

 美容ドリンクの商品パッケージに表記されているコラーゲンの配合量は重要なポイントの1つです。
全てのドリンクに記載されているのが当然かと思いますが、実際には書かれていないものもあります。
もし気になる美容ドリンクの商品表記にコラーゲンの表示がない場合、タンパク質の配合量をみて見ましょう。
コラーゲンがタンパク質の一種として記載されている場合があります。
1日あたりの望ましいとされるコラーゲンの目安量が5〜10g。
さらに食事で摂取できる平均のコラーゲン量は1.9g(1,900mg)程とされます。
利用する本人の食事バランスにもよりますが、不足分を補う量として約3,000〜8,000mgを補える美容ドリンクが狙い目です。

 

 

2 吸収率

 効率よくスムーズにコラーゲンをカラダに取り入れる為には、吸収率の高さも見逃せないポイントですね。
コラーゲンはコラーゲンの分子が小さければ小さい程吸収効率が良くなるといわれています。
コラーゲンにも色々なタイプのものがありますが。
分子の小さい順から並べると ゼラチン>コラーゲンペプチド> 低分子コラーゲン>トリペプチドコラ−ゲン>ジペプチドコラーゲン
というような順位があります。
コラーゲンペプチドよりも低分子コラーゲン。低分子コラーゲンよりもトリペプチドというように優先順位を整理して選びましょう!

 

3 ドリンク1本あたりに含まれる素材(コラーゲン以外の成分)

 

 コラーゲンドリンクの栄養素材として牛や鶏から精製された動物性のコラーゲンと、
魚から抽出した魚介由来のコラーゲンの2つのタイプに分かれます。
一般的に魚介由来コラーゲンの方が動物性のコラーゲンよりも吸収されやすいといわれているものの
動物性コラーゲンも現在の発展した精製技術で分子を小さくしていることも多くこういう場合においてはコラーゲン以外の配合成分もチェックするべきポイントといえます。
美容ドリンクは美容効果を高める目的としてコラーゲン以外の成分を配合している場合が多いです。
例えば有名な成分としては、ヒアルロン酸、セラミド、コエンザイムQ10、グルコサミンを含む美容ドリンクをよく見かけるかと思います。
その中ではコラーゲンの合成を手助けするビタミンCは大きなポイントです。

 

4 自分に合う続けられるものかどうか

 

 自分に合った続けられるものであるかどうかは、何よりも重要なポイントになるでしょう。
値段が高くてとても続けられなかったり、味がまずくて飲みたいと思えなくてやめてしまう場合も少なくありません。
価格や味など少しずつ試してみて、効果と続けられるという実感を確信できた美容ドリンクを見つけることが美への近道です。