コラーゲンドリンク

 

肌に効く?コラーゲンを豊富に含む食べ物

 

 「ある日鏡を見たらシワができてしまった・・・」「最近シミやくすみが気になる・・・」といったエイジングの警告サインをきっかけに、
「コラーゲンで健康な肌を取り戻したい!」と考えているのはあなただけじゃありません。
コラーゲンでイメージできる食べ物としてあたなは何が思い浮かびますか?コラーゲンを豊富に含む食べ物と良い摂り方に加えて避けた方がいい食べ物について紹介します。

 

コラーゲンを多く含む食品と含有量

コラーゲンを多く含む食べ物の目安は簡単です。
例えば冷めた時にゼラチン状の煮こごりが豊富なコラーゲンのサインです。
あのゼラチン質がコラーゲンなのです。
肉や内臓といった動物性タンパク質に入っていて鶏肉の軟骨部分や牛のすじ肉、モツやレバーといった内臓系の食べ物や魚介由来のフカヒレといった感じで幅広くあります。。

 

コラーゲンを多く含んでいる食品ラインナップ。(食品重量100gあたりのコラーゲン配合量)

 

1 手羽先(1550mg)
2 鶏軟骨(4000mg)
3 牛すじ(4980mg)
4 豚白モツ(3080mg)
5 フカヒレ(9920mg)

 

サメのヒレを加工した高級食材のフカヒレは100g中9920mgとダントツです。
魚介類由来のコラーゲンとしては魚の皮や骨にコラーゲンが多く含まます。
その他にも、

 

6 サケ(2410mg)
7 真アジ(1010mg)
8 マイワシ(1060mg)
9 ブリ(1620mg)
10 ウナギ(5530mg)
11 サンマ(2230mg)
12 エビ(1150mg)
13 イカ(1380mg)

 

以上のように身近な所にコラーゲンは沢山あり、私たちの食生活は多くのコラーゲンで成り立っているともいえます。
中でも鶏肉は平均的にコラーゲンの量が豊富且つカロリーが低いので、キレイに痩せたい人におすすめの食材です。
魚の皮と身の間には沢山のコラーゲンが含まれているので、皮も残さずしっかり食べることが美容に良いといえるでしょう。